Dining with an imagineer イマジニアと食事

アクセスランキング参加中
米国ディズニーの旅はミッキーネットで!

ツアーに引き続き。
ツアーの方は有名ですが、imagineer イマジニア(ディズニーリゾートの開発に関わる人たち)と食事ができることに関してはあまり知られていないようなのでそれに関してのお話を少々。
ディズニーワールドでは、イマジニアの仕事やディズニー秘話など会話をしながら、彼らと食事ができるイベントがあります。

2016年7月 現在、Dine with an imagineerをやっているレストランは
The Hollywood Brown Derby(Hollywood Studios)と
Cítricos(Grand Floridian)の二つです。

ブラウンダービーでのランチは比較的頻繁で、月水金にやっています。
昼時なので人が多くなってくるとお互いの声が聞きとりにくくなったりします。

シトリコスは毎月第一木曜日にディナーが開催されています。
値は張りますが、ランチに比べて落ち着いた雰囲気のレストランです。

ネットから予約することはできますが、どの場合でも、大体定員は10人前後で、埋まるのはかなり早いです。
空きがなかなか見つからない場合が多いのですが、電話で直接レストランに問い合わせてみると、案外予約がとれてしまうこともあります。
そういった例外で、たまに一家族だけで参加できたりも。

イマジニアは "imagination" と "engineer" から作られた造語ですが、必ずしもアトラクションの設計や開発をした人が来るとは限らないようで、プロジェクトマネージャー、アカウンタント、法律関係など、アトラクションデザインとは違った人たちが来ることもあるそうです。
私はメカトロニクスや設計、プログラムなどエンジニア側のイマジニアの方々と食事をしてきましたが、彼らが実際に働いてきた経験の中から話してくれるので、どのような職種でも興味深い話が聞けると思います。
食事のほかに、記念プレートが購入できたり、そこにサインやメッセージがもらえたり、ネームタグがもらえたりもします。連絡先を交換して後日質問に答えてくれるなんてことも。
英語での会話ではありますが、ディズニーマジックの裏側を知ることができる楽しい経験ができると思うので、興味があったら是非。

WDWバックステージツアー 

アクセスランキング参加中
米国ディズニーの旅はミッキーネットで!

ディズニーワールドではいくつもの舞台裏側がのぞけるツアーがあります。
有名どころはDisney's Keys to the Kingdom Tour (マジックキングダム)や
Backstage Magic(リゾート全体)でしょうか。
他にもエンターテイメントなディズニー色を抑え、環境保護や動物とのふれあいをテーマにした
Backstage Tales(アニマルキングダム)やBehind the Seeds, Aqua Tour(エプコット)などの
ツアーがあります。

大体どれも年齢制限があり、10歳からというものもあれば、16歳ぐらいからというものもあります。
子どもの頃、その関係でバックステージツアーには参加はできず、
家族が参加している間、ホテルで一人(といっても家族やシッターがついてはいましたが)、
プールなどでやさぐれていました。

現在、年齢制限がないのは "Behind the Seeds" という植物の水栽培や魚の養殖場などが見ることのできる1時間ほどのツアーで、バイオテクノロジーについて学ぶことができます。

ディズニーの裏側を覗きたいという親子にお勧めなのが、
"The Magic Behind Our Steam Trains Tour"
蒸気機関車の仕組みや歴史、なぜディズニーに重要なのかなどを学びながら、開演前のディズニーワールドのスチームトレインレイルロード 蒸気機関車鉄道を体験することができます。
参加は10歳から可能なので、電車や列車に興味を持っている子どもや大人にもおすすめです。

内容は変更されることもあるので、必ずしもこれというわけではありませんが、テーマから大きくそれることはないので興味をもったら予約してみることをおすすめします。

2016-2017 New Year at WDW その6 レストラン予約とキャンセル料金


アクセスランキング参加中
米国ディズニーの旅はミッキーネットで!

Be Our Guestの予約ができたので、あとはゆっくりでいいなぁと思いつつ、
徹夜明けの朝、ぼけっとした頭でTusker HouseやLe Cellierなどを予約。

そのままベッドへin.
目が覚めたのはお昼ごろでした。
なんとなくconfirmation mail(予約確認メール)を見てみると、朝食の予約にJul. 8の文字が。

何 故 今 日 の 日 付 が ! 
 
それまでの眠気がふっとびました。

まさかと思ってサイトのアカウントからダイニング予約を見ると、
予約から48時間切らないと現れないはずの電話番号と文言が。
キャンセル以前に予約時間すら過ぎているんですが・・・。
たいていのレストラン予約はno show、
もしくは48時間前以降のキャンセルは一人当たり$10請求されるようです。
自分の過失なので、相方君に請求する気は毛頭なく、
かといってなにも言わないまま払ってしまうのもいかがなものか・・・!(自分のせいですが)

というわけで電話をかけることに。
ちなみに問い合わせ先は支払いに関してなので Billing Departmentへ。
おそらく、Dining Reservationから問い合わせても大丈夫と思うのですが、
最終的にはここに回されると思います。

ベン(仮)さんという方が電話に出てきたので、事情を説明。

簡潔に言うと、
予約の日付を間違えて今日の朝にしてしまいました。
他のはきちんと予約できていたので、
多分悪いのはわかりにくいシステムの方だと思んです(自分の間違いは棚へ)。
旅行の180日前の今日からすごく楽しみにしていたレストランなので、
キャンセル料金は免除してもらえませんか。ということをまくし立てました。

熱烈で悲しそうな声色が効いたのか、しょっちゅうあることなのか、
あっさりと、
Okay, you won't see a cancellation fee.キャンセル料金は請求しません、とのこと。

もっとも、
ホテル、レストラン、チケットの購入、予約をすませている上での一件だけの間違いで、
これから旅行に向かう客に対して不利益なことは避けるだろうし、
米国企業は返金や免除に応じる率が高いことなどから、
問い合わせ前から、勝ち目はあると思っていました。

ディズニーがキャンセル料金を設定した大きな理由は悪意の不参客を防ぎたいからで、
過失、例えば予約のミスや体調不良などの場合は、
交渉次第で寛容な判断をしてくれることが多いと思います。
多くの米国企業に言えることだと思うのですが、
スタッフによって言うことや対処が違うことがあり、
返金や料金の免除などは絶対的とは言えません。

米国はトラブルだと電話が一番確実なのですが、
たらいまわしにされたり、待たされることも多く、
ディズニーの場合は、メールで交渉しても返信が早い上に必ずくるので、
メールで問い合わせするのもいいと思います。

2016-2017 New Year at WDW その5 レストランの予約

アクセスランキング参加中
米国ディズニーの旅はミッキーネットで!

直営宿泊者の場合、チェックインから180日+10日(滞在日数分)前からレストラン予約が
オンラインでできるようになります。
電話(EST 7:00amから)も可能ですが、だいたいレストラン予約がEST 6:00amからなので
オンライン予約が一番手っ取り早く、希望のものをとりやすいと思います。

今回の旅行はきっかり180日前から予約をはじめることができました。
目的は、Be Our Guest Restaurant Dinner
今回は相方君の希望でマジックキングダムで31日を過ごすことになったので、
待ち時間なく、座る場所で食べたい! ということで狙うことにしました。

余談ですが、31日のマジックキングダムはおそらく小学生以来です。
WDWで年越しをする時は30日にマジックキングダムで早目のNew Year's eve showを見てから、
エプコットやハリウッドで31日の年越しというのが通例でした。
31日のマジックキングダムはしばしば入場制限が課されるので、それだけ激混みということです。
混雑の中、朝から晩まで歩くのは疲れると思うのですが、
同行者の希望は極力受け入れるようにしているので、甘んじて受け入れます。

というわけで、31日は絶対取りたい!
が、混雑の中果たして取れるのか?
という不安とともに180日前を待ちました。
今回はクリスマスシーズンが終わったあと行くので31日までは日数的には余裕があるのですが、
クリスマスから年越しまでを過ごす人たちを考えると微妙なところだと思っていました。

その日はEST3:00amから待機。
EST6:00amきっかりに予約ができるようになりました。
日時、時間、人数を合わせてクリックを押すと、5:00と10:30の表示が!
震える手を無理やり抑えて無事予約することができました。

半ばあきらめていたので予約が完了できた時にはあっけなさに驚きつつ、
ビーアワゲスト レストランのディナー取れたよ! と、相方君に報告。
おそらく喜んでいるであろう顔文字で返ってきました。

レストランを予約する際は、
前もってクレジットカード、メールアドレス、電話番号を登録しておくと、
手間がはぶけます。
特に人気のレストランはすぐに埋まってしまい、一分一秒の勝負になってしまうので、
前もっての準備が重要です。
実際、31日のBe Our Guest RestaurantのDinnerは現在すべて予約されています。

このレストランの予約で気が抜けてしまったのか、
別な予約でとんでもない失態を演じてしまいました。
次はそれについて書こうと思います。

2016-2017 New Year at WDW その4 ホテル予約とMy Disney Experience

アクセスランキング参加中
米国ディズニーの旅はミッキーネットで!

My Disney Experienceとはディズニーがオフィシャルに出しているツールのことで、
アカウンを作ると、ホテルやアトラクション、ショー、レストランなどの予約、計画が
とてもしやすくなります。

ディズニーのオフィシャルサイトでホテルやチケットを購入した場合は、
予約がアカウントに直接リンクされます。
代理店などを通した場合はConfirmation #(予約番号)が必要になります。
たいていは代理店に問い合わせれば教えてくれます。
ミッキーネットでは支払いを済ませると、
コムセンターの予約のところの予約番号から確認できます。

WDWのサイトでその番号を入力するとホテルやチケットのリンクができます。

ディズニーアカウントは一人一つでも、グループで一つでもかまいません。
グループで一つの場合は、自分のアカウントで他の人の分も管理できます。
別々にアカウントがある場合、アカウント同士をリンクさせると、予約や購入が共有できます。
ホテル、チケット、memory maker、レストランなどの予約、購入はひとつのアカウントですませるのがいいと思います。
リンクしたアカウントで別々にやっても共有できないことはないのですが、
たいてい問い合わせる羽目になります。

相方君の分は私のアカウントで管理することにしています。
ホテルやレストランなどの予約は全部一人でやるので、別なアカウントは必要ないと判断しました。
ちなみにキャラクターの画像をユーザーごとに設定できるのですが、相方君はR2D2です。
C3POと悩みましたが、相方君の好みを優先しました。
私は何もしてませんw キャラクターの種類が微妙なので。

次はレストランの予約について書きます。